コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常子内親王 つねこないしんのう

2件 の用語解説(常子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常子内親王 つねこないしんのう

1642-1702 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の第16皇女。
寛永19年3月9日生まれ。母は新広義門院。寛文4年近衛基煕(このえ-もとひろ)と結婚。家煕らを生む。6年より元禄(げんろく)13年までの自筆日記「无上法院殿(むじょうほういんでん)御日記」は基煕の日記「基煕公記」とともに貴重な史料である。元禄15年8月26日死去。61歳。幼称は級宮(しなのみや)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常子内親王

没年:元禄15.8.26(1702.9.17)
生年:寛永19.3.9(1642.4.8)
江戸前期の皇族。後水尾天皇の第16皇女。母は新広義門院園国子。寛文4(1664)年11月23日近衛基煕へ嫁ぐ。家煕,煕子(徳川家宣室)を生む。嫁いだのちも父後水尾法皇や多くの兄弟,なかでも後西天皇らと交流を保ち,文化的環境を育み続け,当時としては珍しい女性の日記『无上法院殿御日記』36冊(陽明文庫所蔵)を書き残している。夫基煕の日記『基煕公記』205冊ともあわせ,この時代に夫婦揃って日記を残したことはめずらしい。なお,両日記とも未刊である。

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常子内親王の関連キーワード一乗院宮真敬法親王中和門院仙石久邦梵崟逢春門院寛永昭子内親王永亨女王御与津御寮人守澄入道親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone