コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常子内親王 つねこないしんのう

2件 の用語解説(常子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常子内親王 つねこないしんのう

1642-1702 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の第16皇女。
寛永19年3月9日生まれ。母は新広義門院。寛文4年近衛基煕(このえ-もとひろ)と結婚。家煕らを生む。6年より元禄(げんろく)13年までの自筆日記「无上法院殿(むじょうほういんでん)御日記」は基煕の日記「基煕公記」とともに貴重な史料である。元禄15年8月26日死去。61歳。幼称は級宮(しなのみや)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

常子内親王

没年:元禄15.8.26(1702.9.17)
生年:寛永19.3.9(1642.4.8)
江戸前期の皇族。後水尾天皇の第16皇女。母は新広義門院園国子。寛文4(1664)年11月23日近衛基煕へ嫁ぐ。家煕,煕子(徳川家宣室)を生む。嫁いだのちも父後水尾法皇や多くの兄弟,なかでも後西天皇らと交流を保ち,文化的環境を育み続け,当時としては珍しい女性の日記『无上法院殿御日記』36冊(陽明文庫所蔵)を書き残している。夫基煕の日記『基煕公記』205冊ともあわせ,この時代に夫婦揃って日記を残したことはめずらしい。なお,両日記とも未刊である。

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

常子内親王の関連キーワードコルネイユ常子内親王藤井懶斎落語ウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン和算

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone