コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常山焼 ジョウザンヤキ

大辞林 第三版の解説

じょうざんやき【常山焼】

新潟県佐渡相川で焼かれた陶器。三浦常山が楽焼に改良を加え、1876年(明治9)に完成させた。中国宜興窯の朱泥・紫泥に似る。1966年(昭和41)閉窯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常山焼の関連キーワード無名異楽焼

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android