コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常山焼 ジョウザンヤキ

2件 の用語解説(常山焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうざん‐やき〔ジヤウザン‐〕【常山焼】

明治9年(1876)新潟県佐渡三浦常山無名異(むみょうい)焼を改良して創始した陶器。朱泥(しゅでい)・紫泥(しでい)系で、茶器が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうざんやき【常山焼】

新潟県佐渡相川で焼かれた陶器。三浦常山が楽焼に改良を加え、1876年(明治9)に完成させた。中国宜興窯の朱泥・紫泥に似る。1966年(昭和41)閉窯。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

常山焼の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone