コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無名異焼 ムミョウイヤキ

2件 の用語解説(無名異焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むみょうい‐やき〔ムミヤウイ‐〕【無名異焼】

佐渡市相川で産する朱泥(しゅでい)系の陶器。弘化年間(1844~1848)ごろ、伊藤甚兵衛無名異1を陶土にまぜて焼いたのに始まる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の無名異焼の言及

【相川[町]】より

尖閣湾を中心とする海府,二見,七浦の海岸,相川海中公園などの景勝地が集まり,また大佐渡スカイラインの終点でもある。金山の鉱土を陶土と混ぜて焼成する無名異焼は特産である。【磯部 利貞】
[歴史]
 相川が金山町として成立したのは1600年(慶長5)のことである。…

※「無名異焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無名異焼の関連情報