朱泥(読み)しゅでい

精選版 日本国語大辞典「朱泥」の解説

しゅ‐でい【朱泥】

〘名〙
① 赤褐色の泥。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「大将隅の方に朱泥を練りかためた人形の様にかたくなって居らあね」
② 鉄分の多い土を用いてつくった無釉焼締めの陶器で赤褐色を呈するもの。中国の明代宜興窯で創始、以後、各地に伝わった。急須が多く、日本でも江戸中期から煎茶の流行によって盛んにつくられ、万古焼、常滑焼(とこなめやき)、佐渡無名異焼のそれが知られる。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉八「朱泥の急須から、緑を含む琥珀色の玉液を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android