コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦常山 みうら じょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦常山 みうら-じょうざん

1836-1903 明治時代の陶業家。
天保(てんぽう)7年生まれ。家は佐渡(新潟県)相川町の名主。維新後,洋式化にともなう佐渡金山離職者の救済のため製陶業をおこす。無名異(むみょうい)焼を改良し,明治9年朱泥(しゅでい)の堅牢な陶器の焼成に成功。常山焼と称し,4代までつづいた。明治36年10月死去。68歳。本名は小平治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三浦常山の関連キーワード三浦小平二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android