常調(読み)じょうちょう

精選版 日本国語大辞典「常調」の解説

じょう‐ちょう ジャウテウ【常調】

〘名〙
① 音楽・曲などの調子がありきたりであること。
経国集(827)一・嘯賦〈菅原清公〉「爾乃韻無常調、無出不一レ妙」 〔後漢書‐仲長統伝論〕
② 一般的に、物事の状態が平常の調子であること。いつもの調子。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉九「常調(ジャウテウ)以上の変った生活は、普通の学士などには送れないかも知れないと考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android