常調(読み)じょうちょう

精選版 日本国語大辞典「常調」の解説

じょう‐ちょう ジャウテウ【常調】

〘名〙
① 音楽・曲などの調子がありきたりであること。
※経国集(827)一・嘯賦〈菅原清公〉「爾乃韻無常調、無出不一レ妙」 〔後漢書‐仲長統伝論〕
② 一般的に、物事の状態が平常の調子であること。いつもの調子。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉九「常調(ジャウテウ)以上の変った生活は、普通の学士などには送れないかも知れないと考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android