コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸大掾伝記 ひたちだいじょうでんき

1件 の用語解説(常陸大掾伝記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちだいじょうでんき【常陸大掾伝記】

常陸大掾氏本宗および支族の伝記。常陸大掾系図が添えられている。各1巻。著者,成立年代ともに不詳。本文は漢文直訳体桓武天皇から始まる坂東平氏一門の家系を記し,ついで常陸国に分流した諸支族について述べる。とくに吉田郡(現,水戸市とその周辺地域)に分流した庶子家の記述が詳しい。平安末期以来の常陸国の情勢をうかがいうる史料。《続群書類従》所収。【堤 禎子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常陸大掾伝記の関連キーワード常陸大宮市常陸大宮みわ佐竹忠義大掾貞国多気義幹辻喜平次辻常陸大掾馬場資幹真壁長幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone