コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉山文庫 もみじやまぶんこ

7件 の用語解説(紅葉山文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅葉山文庫
もみじやまぶんこ

江戸時代,江戸城紅葉山に設けられた幕府の文庫。寛永 16 (1639) 年徳川家康富士見亭文庫を基礎として開設。4人の書物奉行が管理した。蔵書数は幕末で約 16万巻。明治維新後は政府の管理となり,一部が宮内庁書陵部に移管となっているほかは,国立公文書館が所蔵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もみじやま‐ぶんこ〔もみぢやま‐〕【紅葉山文庫】

江戸時代、徳川氏の文庫。初め、徳川家康が江戸城内富士見亭に設けて富士見亭文庫と称したが、3代将軍家光の時に城内西の丸の紅葉山に移して改称。蔵書の大部分は現在国立公文書館内閣文庫に所蔵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紅葉山文庫【もみじやまぶんこ】

江戸時代,幕府が江戸城紅葉山に設けた文庫。〈楓山文庫〉とも書き,紅葉山秘閣とも称した。徳川家康が1602年江戸城内に設けた富士見亭文庫に始まる。1640年以降紅葉山文庫と称せられた。
→関連項目図書館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もみじやまぶんこ【紅葉山文庫】

江戸時代,幕府が江戸城内紅葉山に設置し,蔵書を収めた文庫。楓山文庫とも書き,紅葉山秘閣とも称した。徳川家康が1602年(慶長7)6月に城内富士見亭に古書,古記録を収蔵したのが起源で,のち駿府文庫本の移管があり,33年(寛永10)には書物奉行(4名)に管理させた。39年,紅葉山に移し,以後,文庫の増設,蔵書の収集,中国書籍の購入,家宣の桜田文庫本併収,佐伯毛利氏の進献本などにより充実されて明治に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もみじやまぶんこ【紅葉山文庫】

1639年江戸城西の丸北側の紅葉山に設けられた徳川将軍家の文書蔵。原型は徳川家康が1602年に創設した富士見亭文庫で、漢籍を中心とし、歴代将軍の治世記録が順次納められた。蔵書の大部分は国立公文書館に継承。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅葉山文庫
もみじやまぶんこ

江戸城の中央、紅葉山とよばれる丘の麓(ふもと)にあった江戸幕府の図書館。楓山(ふうざん)文庫ともよばれた。徳川家康の蔵書を基礎として、歴代将軍が図書の収集に努め、幕府の権威によって、長崎から輸入された漢籍など、貴重な和漢古書が多数集められた。青木昆陽、近藤守重(もりしげ)(重蔵)らの書物奉行(ぶぎょう)や同心が管理にあたり、将軍や幕臣中の学者の利用に供した。1866年(慶応2)に文庫が廃止されたとき約11万冊の蔵書があった。その大部分は現在国立公文書館に、一部は宮内庁書陵部に所蔵されている。[福井 保]
『森潤三郎著『紅葉山文庫と書物奉行』(1978・臨川書店) ▽福井保著『紅葉山文庫』(1980・郷学舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

紅葉山文庫

将軍のために江戸城内に設けられた文庫.江戸時代屈指の蔵書群(幕末には約11万冊)で,貴重な典籍が保存されてきた.家康が1602(慶長7)年江戸城内に文庫を建て,家光により1639(寛永16)年に城内紅葉山に隣接する地に移設された.蔵書は家康が収集した典籍が基礎になっているが,その後も舶載する唐本などが精力的に収貯された.文化文政の頃の書物奉行近藤重蔵は書誌学に造詣深く,文庫の整備に功績があった.明治維新後,内閣文庫に引き継がれ,現在は同文庫の他の蔵書とともに国立公文書館に収められ,公開されている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紅葉山文庫の言及

【江戸幕府】より

…徳川宗家および幕府諸役所の文書,記録は,幕府倒壊,徳川氏江戸退去にあたってその多くが処分され散逸した。幕府の紅葉山文庫は明治以後修史館のち内閣文庫(現,国立公文書館内)に引き継がれ,書籍類のほか幕府日記等を所蔵している。評定所文書の一部は司法省・太政官文庫を経て帝国大学法科大学に移され,同図書館で関東大震災により焼失した。…

【書物奉行】より

…その記録(1706年以後)が内閣文庫に伝存され,《幕府書物方日記》(《大日本近世史料》所収)として刊行されている。江戸城の紅葉山文庫は初め林家ほかが適宜扱っていたが,奉行設置により逐次諸業務を管掌し,1712年(正徳2)には会所および3書庫が整備された。奉行の業務体制が固定されるのは1734年(享保19)ごろからで,曝書,書目改訂,書籍修補,書籍目録作成等の図書館業務や書誌学的作業のほかに,《明月記》欠本校正,《類聚国史》や《園太暦》や《日本後紀纂》の校正,《二条家日次記》筆写などの臨時の仕事にも当たった。…

【図書館】より

…のちにこの蔵書は3分されて尾張の蓬左(ほうさ)文庫,水戸の彰考館文庫,紀州の南葵(なんき)文庫となる。なお家康は江戸城内にも,1602年(慶長7),富士見亭文庫なるものをつくらせているが,のち場所を移して紅葉山(もみじやま)文庫となった。ここには書物奉行がおかれ,在任者には青木昆陽,近藤重蔵の名が見える。…

【文庫】より

…室町時代には,明との交易により多数の漢籍が輸入され,とくに東福寺の普門院書庫,同じく海蔵院文庫などが充実していた。近世に入ると,文治政策をしいた徳川家康が,駿河文庫および富士見亭文庫を設け,その遺蔵書を継いだ家光は,1640年(寛永17)ごろ,江戸城内に紅葉山(もみじやま)文庫(桐山文庫ともいう)をつくった。これは将軍専用の図書館であったが,江戸末期には約10万冊に達した。…

※「紅葉山文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紅葉山文庫の関連キーワード公役小間極印元富士見亭文庫民部江戸棚紅葉山柿沼広身古満休意(1)鈴木白藤忠尊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅葉山文庫の関連情報