コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕府海軍 ばくふかいぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幕府海軍
ばくふかいぐん

江戸幕府が創設した近代海軍。嘉永6 (1853) 年ペリー第1回来航の直後,老中阿部正弘の提議により洋式海軍の建設を決定。オランダの全面的協力のもとに,安政2 (55) 年長崎に海軍伝習所を創設したのが始り。同4年には江戸築地に,また元治1 (64) 年には神戸に,海軍操練所が設けられた。海軍奉行勝海舟をはじめ,坂本龍馬榎本武揚,五代友厚ら,佐幕派,討幕派を問わず有為な人材を輩出し,明治期日本海軍の基礎となった。オランダ政府から寄贈された幕府最初の洋式軍艦『観光丸』,渡米使節を乗せて行った『咸臨丸』,最初の国産艦『千代田形』など,最盛時には 45隻を保有。江戸城明渡しの際に,うち8隻を軍艦奉行榎本武揚らが奪い,箱館戦争 (→五稜郭の戦い ) で官軍と戦って崩壊した (→箱館湾海戦 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

幕府海軍の関連キーワードおもなお雇い外国人築地ホテル館宮古湾海戦田島勝太郎矢田堀景蔵網屋吉兵衛五稜郭の戦浜離宮庭園文倉平次郎榎本 武揚戊辰戦争木村喜毅矢田堀鴻長谷川弘永井尚志海軍総裁近藤真琴五稜郭勝海舟関重麿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幕府海軍の関連情報