海軍奉行(読み)かいぐんぶぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

かいぐんぶぎょう【海軍奉行】

江戸末期,幕府海軍の管理職。1865年(慶応1)8月,場所高5000石,席次陸軍奉行の上として新設され,黒羽藩主大関増裕(高1万8000石,翌年9月若年寄格)が任命された。のち若年寄兼任の場に昇格し,上司の海軍総裁,同僚の海軍奉行並(1866年9月設置。11月場所高5000石),下僚軍艦奉行とともに,幕府海軍の管理運営に当たった。元来は軍艦12隻よりなる1艦隊を指揮する提督として構想された官職で,のちの帝国海軍における中将に相当する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいぐんぶぎょう【海軍奉行】

幕末の江戸幕府の職名。1864年設置。幕府の海軍を統轄した。66年海軍総裁が設置されその直属となる。68年廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海軍奉行
かいぐんぶぎょう

幕末の幕府職名。席次は駿府(すんぷ)城代の上席。陸軍奉行の上位に置かれて場所高5000石。役金250両。1862年(文久2)の幕府軍制改革のときに新設。補任(ぶにん)があったのは65年(慶応1)7月で、黒羽(くろばね)藩主大関増裕(おおぜきますひろ)、ついで峰山藩主京極高富(きょうごくたかとみ)がこの職にあって海軍を管轄した。66年海軍総裁が置かれるとその指揮下に入り、68年1月に廃止された。[井上 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海軍奉行の関連情報