五稜郭の戦い(読み)ごりょうかくのたたかい

旺文社日本史事典 三訂版「五稜郭の戦い」の解説

五稜郭の戦い
ごりょうかくのたたかい

1869年,新政府に抵抗した旧幕府軍の戦い
箱館戦争ともいう。旧幕府海軍副総裁榎本武揚 (たけあき) らが1868年軍艦8隻を率いて品川沖を脱走し,箱館(現函館)および五稜郭を攻略し,蝦夷 (えぞ) 地を平定。政府は'69年4月,最新鋭の甲鉄艦を含む8隻の艦隊を派遣し,翌月五稜郭を攻略。この戦いの平定により戊辰 (ぼしん) 戦争は終わりをつげた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五稜郭の戦い」の解説

五稜郭の戦い
ごりょうかくのたたかい

箱館戦争ともいう。明治維新期の国内戦争の一つ (→戊辰戦争 ) 。旧幕臣榎本武揚らが箱館五稜郭を拠点として官軍に抗戦したが,明治2 (1869) 年5月 18日降伏した。これによって幕府派と倒幕派との一連の戦いは終結した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「五稜郭の戦い」の解説

ごりょうかく【五稜郭】 の 戦(たたか)

戊辰(ぼしん)戦争最後の戦い。明治元年(一八六八)榎本武揚の率いる旧幕府軍は箱館(函館)の五稜郭にこもって蝦夷地(北海道)の統治を始めたが、翌年五月、維新政府軍の攻撃を受けて降伏した。箱館戦争。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android