コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平光盛 たいらの みつもり

3件 の用語解説(平光盛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平光盛

鎌倉前期の公卿。池大納言頼盛の三男。平氏滅亡後、父と共に源頼朝の庇護を受ける。讃岐介・右少将・備前守等を歴任後、貞応元年従二位に叙せられる。寛喜元年(1229)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平光盛 たいらの-みつもり

1172-1229 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
承安(じょうあん)2年生まれ。平頼盛の3男。父方の祖母池禅尼(いけのぜんに)が源頼朝の命をすくったため,平氏滅亡の後も父とともに頼朝の庇護(ひご)をうけ,右近衛(うこんえの)少将,備前守などを歴任。貞応(じょうおう)元年従二位にのぼった。寛喜(かんぎ)元年7月20日死去。58歳。通称は池三位(いけのさんみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平光盛

没年:寛喜1.7.20(1229.8.10)
生年:承安2(1172)
鎌倉前期の公卿。頼盛の3男。母は法印寛雅の娘で,八条院女房。法名素懐。平家都落ちにより解官されるが,元暦1(1184)年6月,源頼朝の庇護で父と共に還任。以後,順調に昇進し,貞応1(1222)年,従二位。武家の出身ながら,文道にも志があった。

(田中文英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平光盛の関連キーワード地下の公卿花山院忠経北畠雅行久我通基平兼親難波宗教藤原公明藤原師家源定平(1)冷泉頼隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone