コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安貞 アンテイ

デジタル大辞泉の解説

あんてい【安貞】

鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1227年12月10日~1229年3月5日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんてい【安貞】

年号(1227.12.10~1229.3.5)。嘉禄の後、寛喜の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

あんてい【安貞】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1227年から1229年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は嘉禄(かろく)。次元号は寛喜(かんぎ)。1227年(嘉禄3)12月10日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。安貞年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。頼経は、3代将軍源実朝(さねとも)が暗殺されて源氏の嫡流が途絶えた後、2代執権の北条義時(よしとき)と姉の政子(源頼朝(よりとも)の正室)が擁立した傀儡(かいらい)の将軍であり、実権はなかった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

安貞の関連キーワード福岡県福岡市西区周船寺佐藤信淵・佐藤信渕藤原家時(1)相馬義胤(1)別当典侍(1)河野徳兵衛普勧坐禅儀道禅(1)勢田掃部助尊覚法親王藤原実雅大報恩寺土屋邦敬藤原頼隆山科実教鷹司兼平北条泰時北条義時災異改元池上休柳

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安貞の関連情報