安貞(読み)アンテイ

大辞林 第三版の解説

あんてい【安貞】

年号(1227.12.10~1229.3.5)。嘉禄の後、寛喜の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

あんてい【安貞】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1227年から1229年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は嘉禄(かろく)。次元号は寛喜(かんぎ)。1227年(嘉禄3)12月10日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。安貞年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。頼経は、3代将軍源実朝(さねとも)が暗殺されて源氏の嫡流が途絶えた後、2代執権の北条義時(よしとき)と姉の政子(源頼朝(よりとも)の正室)が擁立した傀儡(かいらい)の将軍であり、実権はなかった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安貞の関連情報