コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平凹版 へいおうはんdeep-etch plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平凹版
へいおうはん
deep-etch plate

オフセット印刷用の版の1種。画線部にくぼみがあるので,この名ができた。日本では,最初から使われてきた卵白平版に代って,アルミ版を基材とする平凹版が主流となっている。平凹版の構造は,インキの付着する画線部が,わずかにくぼんでおり,そのため耐刷力が増大し,また卵白版に比べて,非画線部がエッチング処理のためもあってよごれが少い。感光液は,耐腐食効果をもつ PVA (ポリビニル・アルコール) に二クロム酸カリウムを混合させたものをレジスト (耐食膜) として使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいおう‐はん〔ヘイアフ‐〕【平凹版】

印刷版で、画線を強くし印刷耐久力を増すため、画線の部分をごくわずかへこませた平版

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平凹版【へいおうはん】

平版

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

へいおうはん【平凹版】

平版の一。画線部を腐食し、ごくわずかへこませて製版したもの。版の耐久力が大きく、鮮鋭な印刷物ができる。主に多色印刷用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平凹版の言及

【平版】より

…油脂インキで描画製版した石版は同一の平面上にあるとみなすことができるが,写真平版では1μm程度の感光硬化したコロイド層画線が版の表面にあり,その上に印刷インキがのる。また画線を強くして耐刷力を増すために画線を版の表面より数μm程度低くした平凹版もある。このように凸版あるいは凹版といえなくもないものもあるが,インキの付着はあくまでも同一平面上に形成された,水あるいは油脂を反発するものの働きによる。…

※「平凹版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平凹版の関連キーワードプロセス平版平版印刷多層平版印刷版

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android