コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平型関 へいけいかん

百科事典マイペディアの解説

平型関【へいけいかん】

中国,山西省の北東部,五台山の北東にある峠。中原をおさえる要害の地として有名。1937年日中戦争初期に林彪(りんぴょう)の率いる八路軍が日本軍を迎撃し,初勝利を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいけいかん【平型関 Píng xíng guān】

中国,山西省北部繁峙県の北東端,霊丘県境にある,万里の長城(内長城線)の要衝。古称は瓶形寨。金代には瓶鎮,清代には平刑嶺関と呼ばれ,のち平型関と改称された。五台山と恒山の両山塊にはさまれた,せまい谷底を制する交通上,軍事上の要衝で,現在京原鉄道(北京~原平)が通る。1937年9月24日太原攻略を目ざして前進中の日本の華北方面軍第5師団第21旅団はここで林彪の指揮する中国共産軍(第八路軍)115師団の待伏攻撃にあい潰滅した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone