コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平子鐸嶺 ひらこ たくれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平子鐸嶺 ひらこ-たくれい

1877-1911 明治時代の美術史家。
明治10年5月4日生まれ。日本美術史,仏教史の研究に専念。帝室博物館や内務省の嘱託,のち内務省古社寺保存会委員となる。法隆寺非再建論をとなえた。明治44年5月10日死去。35歳。三重県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。名は尚(ひさし)。別号に昔瓦。著作に「仏教芸術の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の平子鐸嶺の言及

【法隆寺再建非再建論争】より

…同伽藍が日本最古の建造物であることから,建築史,美術史,日本史,考古学の諸家によって19世紀末から半世紀にわたって論争された。すでに早く1899年黒川真頼(まより)(1829‐1906)と小杉榲邨(すぎむら)(1834‐1910)が《日本書紀》天智9年(670)4月条の法隆寺全焼の記事によって,創建法隆寺は同年に焼亡し,現在の西院伽藍は和銅年間(708‐715)に再建したものという説を唱えたが,1905年関野貞(ただす)(1867‐1935)と平子鐸嶺(たくれい)(1877‐1911)が非再建説,喜田貞吉(1871‐1939)が再建説をそれぞれ主張して第1次論争が行われた。非再建説は飛鳥,白鳳,天平と変遷する建築様式論に基礎をおくが,特に西院伽藍建造の使用尺度が大化以前の高麗(こま)尺であるという関野の尺度論が重要な論拠となった。…

※「平子鐸嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平子鐸嶺の関連キーワード法隆寺再建非再建論争明治時代馬酔木

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android