コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平子鐸嶺 ひらこ たくれい

1件 の用語解説(平子鐸嶺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平子鐸嶺 ひらこ-たくれい

1877-1911 明治時代の美術史家。
明治10年5月4日生まれ。日本美術史,仏教史の研究に専念。帝室博物館内務省の嘱託,のち内務省古社寺保存会委員となる。法隆寺非再建論をとなえた。明治44年5月10日死去。35歳。三重県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。名は尚(ひさし)。別号に昔瓦。著作に「仏教芸術の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の平子鐸嶺の言及

【法隆寺再建非再建論争】より

…同伽藍が日本最古の建造物であることから,建築史,美術史,日本史,考古学の諸家によって19世紀末から半世紀にわたって論争された。すでに早く1899年黒川真頼(まより)(1829‐1906)と小杉榲邨(すぎむら)(1834‐1910)が《日本書紀》天智9年(670)4月条の法隆寺全焼の記事によって,創建法隆寺は同年に焼亡し,現在の西院伽藍は和銅年間(708‐715)に再建したものという説を唱えたが,1905年関野貞(ただす)(1867‐1935)と平子鐸嶺(たくれい)(1877‐1911)が非再建説,喜田貞吉(1871‐1939)が再建説をそれぞれ主張して第1次論争が行われた。非再建説は飛鳥,白鳳,天平と変遷する建築様式論に基礎をおくが,特に西院伽藍建造の使用尺度が大化以前の高麗(こま)尺であるという関野の尺度論が重要な論拠となった。…

※「平子鐸嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平子鐸嶺の関連キーワード野間清六浦崎永錫熊谷宣夫沢柳大五郎佐和隆研下店静市谷信一内藤藤一郎中井宗太郎摩寿意善郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone