平常心(読み)ヘイジョウシン

  • びょうじょうしん ビャウジャウ‥
  • へいじょうしん ヘイジャウ‥
  • へいじょうしん〔ヘイジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

ふだんと変わらない心。揺れ動くことのない心理状態。「どんな時でも平常心を失わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。日常ふつうの心。ふだんの気持。あたりまえの生き方。へいじょうしん。
※正法眼蔵(1231‐53)身心学道「此界佗界といはず平常心なり」 〔無門関‐一九〕
〘名〙 特別なことのない、ふだんの平穏な心。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉五三「次第々々夢の醒め行き霧の晴れ渡るごとく平常心(ヘイジャウシン)に立ち帰れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平常心の関連情報