コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時実 たいらの ときざね

2件 の用語解説(平時実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時実 たいらの-ときざね

1151-1213 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
仁平(にんぴょう)元年生まれ。平時忠の長男。讃岐守(さぬきのかみ)などをへて左近衛(さこんえの)中将にすすむが,平家の都落ちにしたがい官を解かれる。元暦(げんりゃく)2年壇ノ浦の戦いで捕らえられる。のち源義経にしたがうが,ふたたび捕らえられ,上総(かずさ)(千葉県)に流された。文治5年ゆるされ,建暦(けんりゃく)元年従三位。建暦3年1月28日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平時実

没年:建保1.1.28(1213.2.20)
生年:仁平1(1151)
鎌倉初期の公卿。平時忠の長男。仁安1(1166)年,叙爵と同日に越後守に就任。嘉応1(1169)年,父に連座して解官されるが,翌年讃岐守に復帰。正四位下左中将に至るが,寿永2(1183)年平氏都落ちに同行して再度解官。文治1(1185)年,壇の浦の戦後に父と共に捕らえられて,周防に配流と決定したが,京に留まる。源義経の挙兵に同行したが,捕らえられて鎌倉に連行されたうえ,上総に配流された。文治5年に許され,建暦1(1211)年従三位に叙し公卿に列したが,2年後に頓死。動乱のなかで翻弄された生涯であったが,時実自身も「心猛キ人」であったという。

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平時実の関連キーワード烏丸光賢一条実雅平時家平時兼平時望中山兼季藤原実綱(1)藤原実房藤原実宗源具守

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone