コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時家 たいらの ときいえ

2件 の用語解説(平時家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時家 たいらの-ときいえ

?-1193 平安後期-鎌倉時代の官吏。
平時忠の次男。治承(じしょう)2年(1178)従四位下,右近衛権少将(うこんえのごんのしょうしょう)兼伯耆守(ほうきのかみ)となるが,3年任をとかれ,上総(かずさ)(千葉県)におわれた。平広常の娘婿となり,その推挙で源頼朝に側近としてつかえた。建久4年5月10日死去。名はのち信時。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平時家

没年:建久4.5.10(1193.6.10)
生年:生年不詳
平安末期の貴族,源頼朝の側近。晩年信時と改名。平時忠の次男。当初,京で活躍し,蔵人,大学助,美作守などを経て従四位下伯耆守・右近権少将に至るが,平清盛による治承3(1179)年11月政変の際,継母の讒言もあって解官され,上総国(安房国とも)に追われる。同地では豪族上総広常の婿に迎えられ,寿永1(1182)年1月にはその推挙によって頼朝に拝謁。以後,京下りの貴族を重視する頼朝の厚遇を受け,儀式などに際して側近として活躍したが,建久4(1193)年,鎌倉で死去し,頼朝を嘆かせた。

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

平時家の関連キーワードサラディン曾我兄弟工藤祐経曾我祐成平時家源範頼安田義資工藤祐経サラディン曾我兄弟

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone