コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時継 たいらの ときつぐ

2件 の用語解説(平時継の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時継 たいらの-ときつぐ

1222-1294 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
貞応(じょうおう)元年生まれ。平有親(ありちか)の子。治部卿,宮内卿,蔵人頭(くろうどのとう)などを歴任し,建長7年参議となる。文永3年正二位にすすみ,正応(しょうおう)2年権(ごんの)大納言。翌年出家。永仁(えいにん)2年7月10日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平時継

没年:永仁2.7.10(1294.8.2)
生年:貞応1(1222)
鎌倉中期の公卿。父は参議平有親。治部卿,宮内卿,蔵人頭 などを経て建長7(1255)年参議に任じ,文永6(1269)年権中納言。同年これを辞し,散官(位階のみで職務のない官)となる。不遇であった後深草上皇に仕え,第一の側近となる。弘安10(1287)年伏見天皇が即位し後深草院政が始まると重く用いられ,慣例を破って大納言に任じられた。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平時継の関連キーワード五辻順仲三室戸光村甘露寺資経治部卿治部卿局(3)平有親平親継平経高庭田経資源近善

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone