コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平松守彦 ひらまつ もりひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平松守彦 ひらまつ-もりひこ

1924- 昭和後期-平成時代の政治家。
大正13年3月12日生まれ。昭和24年商工省にはいり,国土庁審議官をへて50年大分県副知事に転身。54年大分県知事に当選。一村一品運動などユニークな施策を展開し,地方分権を主張する。平成7年マグサイサイ賞。15年任期満了により知事退任。大分県出身。東大卒。著作に「一村一品のすすめ」「地方からの発想」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の平松守彦の言及

【地場産業】より


[一村一品運動]
 地場産業というほどの規模にはほど遠いが,地方の村や町単位の地域経済活性化運動に〈一村一品運動〉があり,各地に特産品産業が生まれている。1979年11月に大分県知事平松守彦が提唱しているが,こうした運動は昭和30年代半ばころからあり,現在では全国的な広がりをみせている。北海道池田町の十勝ワインなどは全国的に有名である。…

※「平松守彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平松守彦の関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平松守彦の関連情報