平松誠一(読み)ひらまつ せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平松誠一 ひらまつ-せいいち

1841-1931 明治時代の測量家。
天保(てんぽう)12年3月27日生まれ。大坂の福田理軒にまなび,郷里の備中(びっちゅう)(岡山県)で数学測量の私塾をひらく。明治4年小田県(のち岡山県)につとめ,地租改正の際の測量製図を担当。のち山陽鉄道の測量,児島湾開墾地水道の設計などをおこなった。昭和6年8月13日死去。91歳。字(あざな)は信孝。号は対岡庵閑月。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android