コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平林信尹 ひらばやし のぶただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平林信尹 ひらばやし-のぶただ

1820-1874 江戸時代後期の農民。
文政3年生まれ。平林盈淑(みつよし)の子。信濃(しなの)(長野県)上生坂(かみいくさか)村の名主。松本・松代(まつしろ)両藩の御用達となる。のち生坂煙草を江戸でうりだし,名産品にした。市河米庵に書をまなんだ。明治7年2月16日死去。55歳。通称は文五右衛門。号は蒼竜

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平林信尹の関連キーワードおもなお雇い外国人アンペールベックレル自由民権運動わが祖国阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android