コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沢三右衛門 ひらさわ さんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沢三右衛門 ひらさわ-さんえもん

1748-1824 江戸時代中期-後期の武士。
寛延元年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。明和7年(1770)父又左衛門の跡をつぎ,新田普請奉行添役となる。天明の大飢饉(ききん)で荒廃した農地を復興するとともに約3万石の新田を開拓し,使番格となった。文政7年2月27日死去。77歳。名は貞次(さだつぐ),のち利次(としつぐ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平沢三右衛門の関連キーワードフランス史(年表)ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android