コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞次 サダツグ

大辞林 第三版の解説

さだつぐ【貞次】

鎌倉期の刀工。備中の古青江派に属す。承元年間(1207~1211)に御番鍛冶に選ばれたという。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貞次の関連キーワード妖刀物語 花の吉原百人斬り仁義なき戦い 広島死闘篇丹下左膳 飛燕居合斬り仁義なき戦い 頂上作戦仁義なき戦い 代理戦争宮本武蔵 巌流島の決斗宮本武蔵 一乗寺の決闘仁義なき戦い 完結篇宮本武蔵 二刀流開眼国文学研究資料館牙狼之介地獄斬り新仁義なき戦い秋の夜の長物語湯檜曾[温泉]恋や恋なすな恋貞次(初代)平沢三右衛門信濃前司行長仁義なき戦い暴れん坊街道

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞次の関連情報