コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沢旭山 ひらさわ きょくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沢旭山 ひらさわ-きょくざん

1733-1791 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)18年生まれ。36歳のとき江戸昌平坂の林家に入門,のち片山北海にまなぶ。文章家で,生涯に文章3000編をかいたという。寛政3年1月15日死去。59歳。山城(京都府)出身。本姓は山内。名は元愷(げんがい)。字(あざな)は俤侯。通称は五助。別号に菟道山樵。著作に「漫遊文草」「平沢旭山日録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平沢旭山の関連キーワード荷田蒼生子平井澹所吉田芝渓葛西因是吉田友直フェイト平沢元愷享保儒者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android