コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沼専蔵 ひらぬま せんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沼専蔵 ひらぬま-せんぞう

1836-1913 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)7年1月2日生まれ。横浜で織物貿易,生糸の売り込み商などをいとなむ。明治23年金叶(かねかなう)貯蓄銀行(のち平沼貯蓄銀行),44年平沼銀行を設立。神奈川県会議員,横浜市会議員をへて,33年貴族院議員,35年衆議院議員(政友会)。大正2年4月6日死去。78歳。武蔵(むさし)飯能(埼玉県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平沼専蔵

没年:大正2.4.6(1913)
生年:天保7.1.2(1836.2.18)
幕末明治期の実業家。武州入間郡飯能村(飯能市)に生まれる。開港後横浜に出て海産物売込商明石屋で働き,慶応1(1865)年独立し本町4丁目に羅紗,唐桟などの引取商を開業,明治11(1878)年生糸売込商芝屋清五郎の業務を継承,土地売買,株式投機にも手を染めて発展し,実業界にその地位を確立した。23年金叶貯蓄銀行を設立,44年1月平沼銀行を創立,生糸売込商の機関銀行として発展。政治家としても県会議員,市会議員,同参事会員,33年貴族院議員,35年衆議院議員(政友会)となり,44年横浜市水道局長などを歴任。極端な勤倹蓄財で壮士らの迫害を受け伊藤博文に助けられた。これが縁で伊藤の勧めで同30年金沢文庫復興に2000円の建設資金を寄付し,私立平沼小学校を設立するなど晩節を飾った。<参考文献>関靖『かねさわ物語』

(内田四方蔵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

平沼専蔵の関連キーワード高野佐三郎明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android