コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蓄銀行 チョチクギンコウ

5件 の用語解説(貯蓄銀行の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょちく‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【貯蓄銀行】

国民大衆の零細預金や定期積金を通じて資金を調達し、これを公共債に運用したり、住宅資金に貸し付けたりすることを主たる業務とした銀行。昭和18年(1943)以降は、普通銀行に転換したり吸収されたりして同24年に消滅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

貯蓄銀行【ちょちくぎんこう】

主として国民大衆の小額預金を扱う銀行。明治期における資本量の不足への対策として着目された。1880年に専業貯蓄銀行として東京貯蓄銀行が設立される。1890年の貯蓄銀行条例の公布,1895年の条例における規制緩和によって小規模銀行が乱立し貯蓄銀行数が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょちくぎんこう【貯蓄銀行】

1893年7月施行の〈貯蓄銀行条例〉に基づいて設立された〈複利の方法を以て公衆の為に預金の事業を営む者〉が貯蓄銀行である。その後,1922年1月〈貯蓄銀行法〉が施行され,貯蓄銀行の業務範囲を貯蓄預金および一定の付随業務のみとし,いっさいの他業兼営を禁止し,普通銀行(普通銀行・特殊銀行)とは別個独立の機関とし,零細な貯金を取り扱うことを考慮して預金者保護に重点をおき,資金運用についてきびしい制限を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょちくぎんこう【貯蓄銀行】

一般民衆の預金の保護・利殖を目的とする銀行。普通銀行に比べて高率の利子をつけ、複利で計算する。1943年(昭和18)以後は普通銀行が兼営するようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蓄銀行
ちょちくぎんこう

小口貯蓄者を主たる取引先とする銀行。業務の中心は、小口の定期性預金を通じて資金を調達し、これを主として公共債に運用したり住宅資金を貸し付けることに置かれた。したがって、元来、要求払預金のような決済性をもつ預金は取り扱わなかったが、近年金融自由化の流れのなかで業務の多用化が図られ、要求払預金の受入れ、企業貸付なども行うことができるようになっている。現存するものとしては、アメリカ相互貯蓄銀行mutual savings bankやドイツの貯蓄銀行Sparkasseが有名だが、とくにヨーロッパ諸国では、この貯蓄銀行制度をもっている国が多い。
 日本では1890年(明治23)の貯蓄銀行条例で初めて貯蓄銀行が制度化され、以後急速な発展をみて1900年(明治33)には419行、16年(大正5)には664行に達したが、不健全な経営のものが多く、21年の貯蓄銀行法の制定によって整備された。その後、合同や普通銀行に転換するものが多く、貯蓄銀行数はしだいに減少して、1925年には133行、35年(昭和10)には79行になった。さらに1943年の「普通銀行等ノ貯蓄銀行業務又ハ信託業務ノ兼営等ニ関スル法律」により、普通銀行が合併して、兼営する傾向がいっそう進んだ。第二次世界大戦後まで残っていた貯蓄銀行は4行にすぎず、この4行も戦後の激しいインフレに直面して経営が困難となり、1948年(昭和23)に最大手の日本貯蓄銀行が普通銀行に転換して協和銀行となったのを皮切りに、普通銀行に転換するか吸収されるかして、49年には貯蓄銀行は消滅した。なお、1981年の銀行法の改正に際し、貯蓄銀行法も廃止された。[原 司郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の貯蓄銀行の言及

【銀行】より

…ただこの時期の普通銀行は頭部に少数の大銀行,下部に多数の小銀行という構成をとり,貸金会社的な銀行が大部分であった。 1893年1月貯蓄銀行条例が施行され,一般大衆から零細な貯蓄を集めることを目的として貯蓄銀行の設立が盛んとなった。1900年前後にはまた,諸種の特殊銀行が整備された。…

【日本勧業銀行[株]】より

…1971年10月第一銀行と合併して第一勧業銀行(株)となった。銀行分業主義の理念に立つ松方正義は1881年(明治14)に日本銀行設立を建議した際,日本銀行を頂点とする商業金融機関とは別に,大衆の零細貯蓄を扱う貯蓄銀行,農工業のための勧業銀行の必要を説いた。この勧業銀行構想は,日清戦争後に日本勧業銀行,各府県の農工銀行日本興業銀行として実現した。…

※「貯蓄銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貯蓄銀行の関連キーワード日本銀行BOJ(Bank of Japan)小田切武林亀山甚宅徳平牧野元次郎宮崎喜久太郎山口吉郎兵衛(4代)鳥取銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貯蓄銀行の関連情報