コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平瀬徹斎 ひらせ てっさい

2件 の用語解説(平瀬徹斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平瀬徹斎 ひらせ-てっさい

?-? 江戸時代中期の版元。
大坂の人。赤松閣の主人。みずからも「売買出世車」「書林栞(しおり)」などをあらわす。編著に日本各地の産物の採取法,製法などを絵図でしめした「日本山海名物図会(ずえ)」(長谷川光信画)がある。宝暦(1751-64)のころに活躍した。名は輔世。通称は千種屋(ちぐさや)新左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平瀬徹斎

生年:生没年不詳
江戸中・後期,大坂の書肆赤松閣の主人。名は補世,通称千草屋新右衛門,徹斎は号。各地名産物の生産・採取の技術を図示解説した『日本山海名物図会』(1754)を著した。他に『放下筌』などの著作がある。徹斎は大坂の金融業者平瀬家の一族ともみられているが確証はない。<参考文献>千葉徳爾『日本山海名産名物図絵註解』

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平瀬徹斎の関連キーワード井筒屋庄兵衛(5代)稲葉通竜大畠文治右衛門梶捜朴釜屋又兵衛大雅舎其鳳田中小八西村屋与八(初代)舟木嘉助牟礼述斎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone