コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田靫負 ヒラタユキエ

デジタル大辞泉の解説

ひらた‐ゆきえ〔‐ゆきへ〕【平田靫負】

[1704~1755]江戸中期の薩摩藩家老。宝暦3年(1753)藩が幕府から命じられた木曽長良・揖斐(いび)三川分流工事の総奉行となり、1年3か月で完成させたが、莫大な出費と多大な犠牲者を出したことの責任をとり、自刃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらたゆきえ【平田靫負】

1704~1755) 江戸中期、薩摩藩の家老。1753年、藩が幕府から命じられた木曽川の治水工事に総奉行となり、55年苦難の末完成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平田靫負の関連キーワード平田(岐阜県)海津(市)木曽川平田

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android