平畑 静塔(読み)ヒラハタ セイトウ

20世紀日本人名事典の解説

平畑 静塔
ヒラハタ セイトウ

昭和・平成期の俳人,医師 宇都宮病院名誉顧問。



生年
明治38(1905)年7月5日

没年
平成9(1997)年9月11日

出生地
和歌山県海草郡和歌浦町(現・和歌山市)

本名
平畑 富次郎(ヒラハタ トミジロウ)

学歴〔年〕
京都帝国大学医学部〔昭和6年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和21年〕

主な受賞名〔年〕
蛇笏賞(第5回)〔昭和46年〕「壺国」,詩歌文学館賞(第1回),現代俳句協会大賞(第7回)〔平成7年〕

経歴
精神科医として、京都大学病院助手、兵庫県立病院、京都川越病院に勤務。京大在学中より「ホトトギス」「京鹿子」「馬酔木」に投句し、秋桜子、山口誓子の影響を受ける。昭和8年井上白文地、長谷川素逝らと「京大俳句」を創刊。新興俳句運動に身を投じる。15年に“京大俳句事件”で京都府特高に検挙、治安維持法による刑2年(執行猶予3年)の判決を受ける。戦後は布施阪本病院長、大阪京阪病院長などを経て、38年宇都宮病院副院長、のち院長、顧問を歴任。59年無資格診療事件後、再び院長に。平成5年名誉院長。かたわら誓子を中心とする「天狼」創刊に参加、“俳人格”説の標榜など戦後句壇に大きな影響を与える。また「北の会」を主宰、毎月山野へ吟行する。句集に「月下の俘虜」「旅鶴」「栃木集」「矢素」、評論集に「誓子秀句鑑賞」「俳人格」「山口誓子」「俳論集」「対談俳句史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

平畑 静塔 (ひらはた せいとう)

生年月日:1905年7月5日
昭和時代;平成時代の俳人;医師。精神科;宇都宮病院院長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平畑 静塔の関連情報