コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平貴子 たいらの きし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平貴子 たいらの-きし

?-? 平安時代中期の女官。
天元5年(982)円融天皇の中宮(ちゅうぐう)遵子(じゅんし)が女官らに饗禄をした際,掌侍(ないしのじょう)の貴子に白大掛があたえられた。また寛和(かんな)2年一条天皇即位の際には,典侍(ないしのすけ)として左褰帳(けんちょう)をつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平貴子の関連キーワード藤原超子崔承老池亭記Dominica文苑英華源高明小右記聖宗池亭記義光