平貴子(読み)たいらの きし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平貴子 たいらの-きし

?-? 平安時代中期の女官。
天元5年(982)円融天皇の中宮(ちゅうぐう)遵子(じゅんし)が女官らに饗禄をした際,掌侍(ないしのじょう)の貴子に白大掛があたえられた。また寛和(かんな)2年一条天皇即位の際には,典侍(ないしのすけ)として左褰帳(けんちょう)をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android