コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野五岳(読み)ひらの ごがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野五岳 ひらの-ごがく

1811-1893 江戸後期-明治時代の僧,画家。
文化8年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の真宗大谷派専念寺の住職。広瀬淡窓に詩文をまなび,のち田能村竹田(たのむら-ちくでん)の影響をうけて文人画をえがく。書にもすぐれた。明治26年3月3日死去。83歳。豊後出身。法名は聞恵(もんえ)。別号に竹邨(ちくそん),古竹園。作品に「白雲青松図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平野五岳

没年:明治26.3.3(1893)
生年文化8(1811)
幕末明治の南画家。名は聞慧,のち五岳と改め,古竹園とも号した。生年については文化10(1813)年ともいう。豊後(大分県)日田の真宗専念寺の画僧で,前田暢堂から手本を得て画業を始め,30歳のころから田能村竹田に私淑した。詩は広瀬淡窓に学び詩書画に巧みであった。

(星野鈴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android