平野重久(読み)ひらの しげひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野重久 ひらの-しげひさ

1814-1883 幕末の武士。
文化11年8月生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)家老昌平黌(しょうへいこう)にまなび,のち藩校成徳書院の教授となる。戊辰(ぼしん)戦争では京都謹慎中の藩主堀田正倫(まさとも)にかわって藩論尊王に統一し,藩の危機をすくった。明治16年12月3日死去。70歳。字(あざな)は伯敬。通称は重太郎,縫殿(ぬい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android