コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉家督 あねかとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姉家督
あねかとく

長子相続一種。最初に生れた子が女子の場合,婿養子を迎えて家督相続させる習俗。のちに男子が生れてもを優先させるが,特に姉ととの年齢差が著しい場合に行われる。この習慣が続けられた大きな原因は,弟の成長を待つよりも姉に相続させて,家業に必要な労働力経済力一刻も早く補給することにあった。東北・関東地方を中心に広くみられたが,明治民法長男相続を規定したこともあり次第に衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

姉家督【あねかとく】

常に最年長の子が家督を相続する慣行。長男がいても,初生子が女であれば長女(これを姉家督と呼ぶこともある)が婿を迎えて相続人となる点で,長男相続と異なる。労働力補給の必要から生まれたものとされ,かつて東北地方に多く見られた。
→関連項目長子相続

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あねかとく【姉家督】

初子に女性が生まれた場合,のちに男子が生まれても初生女子に婿をとって家長としての地位や,家,屋敷,耕地,山林,墓地,位牌などの財産の世代的伝達を行う方式を一般に姉家督という。したがって姉家督は婿養子縁組という婚姻居住形態と不可分の相続制度であった。初生子として男子が生まれた場合には一般的な長男相続が行われることになり,したがって姉家督が行われている社会では男女いずれの場合にあっても子どもの中では最年長者である初生子が相続者となるところに特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あねかとく【姉家督】

長女が長男よりも年長であれば、長女に婿養子を迎えて家督を相続させること。東北地方の農漁村にみられた慣行。早く労働力を確保するためといわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姉家督
あねかとく

初生子が女子である場合、下に弟である長男がいてもそれに優先して家督の相続を行うもので、日本にみられる相続方式のうち非選定(決定)相続、すなわち長子相続の一つの型に属するものである。初生女子相続とよぶことも可能である。実際には姉自身が相続者となるわけではなく、その夫である婿養子がなる。姉家督の存在理由としては、早く婿をとって相続させたほうが労働力のプラスになり経済的であるからなどと考えられている。また明治時代の徴兵制施行に際し、それを逃れるために進んで養子にいくといったことも副次的な理由として存在したという。姉家督は、末子相続とともに、長男相続による家父長制的家族制度が普遍的な状況において、そのイデオロギーに固執しないところに特徴があると考えられる。この慣行は主として東北地方の農漁村に多く、商家の間にもみられるが、士族の家にはみられない。士族の間ではもっぱら長男相続が優先した。山形県あたりには「三代婿養子は長者のもと」という諺(ことわざ)があるが、これなどは婿養子を選ぶ場合、慎重に検討してまじめな働き手を選ぶということと関連するとみられる。分布は茨城県の旧新治(にいはり)郡地方が南限であるが、現在慣行としてはほとんど存在していない。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の姉家督の言及

【相続】より

…相続慣行としては,江戸時代初期は分割相続が盛んであったが,やがて先祖伝来の田畑家屋敷を家産として家相続人(通常は長男,長男が耕作能力を欠く時は二・三男,養子,弟などがなることも多い)に包括承継させ,被相続人の取得財産は他子にも分与する家産単独相続が,最も一般的な相続形態となった。しかしなお,分割相続,末子相続,姉家督,妻による相続(主として中継相続)なども見られた。一般的な単独相続化傾向が,分地制限令の結果であるかどうかは問題がある。…

※「姉家督」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姉家督の関連キーワード単独相続年期婿入り婿初子入婿

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android