コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸い木 サイワイギ

2件 の用語解説(幸い木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいわい‐ぎ〔さいはひ‐〕【幸い木】

正月の飾り物の一。四国・九州地方で、内庭の入り口や土間の上に横につるす木。これに平年は12本、閏年は13本の縄を下げ、鯛(たい)・鰤(ぶり)・昆布・大根など、正月に食べる物をつるす。さちぎ。懸けの魚(うお)。 新年》
年木(としぎ)」に同じ。
粥杖(かゆづえ)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいわいぎ【幸い木】

門松の根元に立てる木。さいぎ。
魚・鳥その他正月の料理をつるして、歳末からかけておく横木。長さ一間(約1.8メートル)ほどで、注連縄しめなわを下げる。 「庭に-とて横わたしにして/浮世草子・胸算用 4

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone