コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸い木 サイワイギ

デジタル大辞泉の解説

さいわい‐ぎ〔さいはひ‐〕【幸い木】

正月の飾り物の一。四国・九州地方で、内庭の入り口や土間の上に横につるす木。これに平年は12本、閏年は13本の縄を下げ、鯛(たい)・鰤(ぶり)・昆布・大根など、正月に食べる物をつるす。さちぎ。懸けの魚(うお)。 新年》
年木(としぎ)」に同じ。
粥杖(かゆづえ)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいわいぎ【幸い木】

門松の根元に立てる木。さいぎ。
魚・鳥その他正月の料理をつるして、歳末からかけておく横木。長さ一間(約1.8メートル)ほどで、注連縄しめなわを下げる。 「庭に-とて横わたしにして/浮世草子・胸算用 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

幸い木の関連キーワード九州地方浮世草子懸けの魚飾り物入り口懸の魚昆布平年土間内庭年木粥杖正月閏年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android