コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾田伊俊 いくた これとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幾田伊俊 いくた-これとし

1797-1858 江戸時代後期の槍術(そうじゅつ)家。
寛政9年生まれ。父幾田伊真から種田流槍術を,備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩士赤羽伊清から直心影流剣術をまなび,備中庭瀬藩につかえる。のち伯耆(ほうき)米子(よなご),因幡(いなば)鳥取でおしえ,天保(てんぽう)3年鳥取藩槍術師範となる。安政5年4月23日死去。62歳。通称は右門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

幾田伊俊の関連キーワード幾田右門幾田伊載

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android