広告塔(読み)こうこくとう

精選版 日本国語大辞典の解説

こうこく‐とう クヮウコクタフ【広告塔】

〘名〙
① 広告のために設ける塔状の屋外建築。地上または建築物の屋上に設置される。
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉広告及び看板引札「これをば広告塔ともいふべきか。夜に入れば、電燈もしくは瓦斯を点ず」
② 比喩的に、ある団体がその組織の一員として引き入れ、宣伝のために利用する有名タレントなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうこく‐とう〔クワウコクタフ〕【広告塔】

企業や団体の宣伝のために目立つ所に設置された構造物。「ビル屋上の広告塔
企業や団体の宣伝の役割を担う有名人。「党の広告塔として活躍する」「動く広告塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android