コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広告媒体 こうこくばいたいadvertizing media

3件 の用語解説(広告媒体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広告媒体
こうこくばいたい
advertizing media

多数の人に広告内容を伝える手段。テレビラジオ,新聞,雑誌など多数への情報伝達に使われる媒体をマス媒体と呼び,ダイレクトメールチラシ折込みなどをミニ媒体と呼ぶ。日本では,全広告費の約3分の2をマス媒体が占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうこく‐ばいたい〔クワウコク‐〕【広告媒体】

広告を伝達する手段の総称。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・ポスター・ちらしなど。近年ではインターネットも多く利用される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこくばいたい【広告媒体】

広告を伝達する媒介手段。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・看板・ダイレクト-メールなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の広告媒体の言及

【広告】より


【広告のしくみ】
 広告は,広告主が新聞,雑誌,テレビ,ラジオなどの媒体企業に広告を依頼することによって行われるが,広告主の広告業務には,媒体の選択,広告物の制作などの専門的な知識,経験を必要とするものがあり,また媒体企業としても,広告スペースや放送時間を適切な広告主に提供するため,両者の間に広告代理業(店)が介在することが多い。
[広告主]
 広告主の広告業務は,広告計画の樹立,広告媒体の決定,広告実施日程の作成,広告コピー(キャッチフレーズなど),放送番組,ポスターなど広告物の準備,広告の実施,広告効果測定などを含む。広告計画では,どの商品について,だれを対象に,何を訴えるかという広告目的を明らかにし,それに応じた広告費の予算と媒体の種類を決定する。…

※「広告媒体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広告媒体の関連情報