コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広告審査協会 こうこくしんさきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広告審査協会
こうこくしんさきょうかい

広告を掲載するマス・メディアが結成した,広告についての自主規制組織。1971年2月,朝日新聞社日本経済新聞社主導により,新聞広告審査協会として設立された。消費者基本法の精神にのっとり,増大傾向にある誇大広告虚偽広告から消費者(読者,視聴者)を守り,広告の社会的役割を確立することを目的とする。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネットの広告について,掲載前または放送前に実地調査を行ない,審査内容を報告する。会員は新聞社,出版社放送局,広告会社,インターネット関連サービス会社など。2012年現名称となった。会員は 71社(2015.10現在)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

広告審査協会の関連キーワードNARC広告倫理

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android