コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幅 オオハバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐はば〔おほ‐〕【大幅】

[名・形動]
普通より幅の広いこと。また、そのさま。⇔小幅
「―な洋紙に墨黒々と書いて」〈藤村破戒
布地で、幅の広いもの。和服地では、小幅の2倍の約92センチ幅のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチ)のものをいう。→小幅(こはば)中幅(ちゅうはば)
数量・価格などの変動の開きが大きいこと。また、そのさま。「大幅な(の)値上げ」「列車が大幅に遅れる」

たい‐ふく【大幅】

大きな掛け物・掛け軸。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはば【大幅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通より幅の広い・こと(さま)。 「 -な障子紙」
普通のものよりも幅の広い布地。和服地では、並幅(36センチメートル)のものに対して72センチメートル 前後のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチメートル)のものをいう。
数量や規模などの変動の差が大きい・こと(さま)。 「 -に値上げする」 「 -な人事異動」

たいふく【大幅】

大きな掛け軸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大幅の関連キーワードリミックス[reジャイビートラディショナルメジャーバージョンアップコンペンセーション方式旧JIS漢字コードセラミックエンジンジャパンマネー非対称規制制度シューマン乾板ボーフォール城オイルマネー為替平衡資金アクラネースサーミスターフィデリオ長足の進歩鉈を振るう別世界通信スイス方式拡大連座制

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大幅の関連情報