コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幅 オオハバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐はば〔おほ‐〕【大幅】

[名・形動]
普通より幅の広いこと。また、そのさま。⇔小幅
「―な洋紙に墨黒々と書いて」〈藤村破戒
布地で、幅の広いもの。和服地では、小幅の2倍の約92センチ幅のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチ)のものをいう。→小幅(こはば)中幅(ちゅうはば)
数量・価格などの変動の開きが大きいこと。また、そのさま。「大幅な(の)値上げ」「列車が大幅に遅れる」

たい‐ふく【大幅】

大きな掛け物・掛け軸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはば【大幅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通より幅の広い・こと(さま)。 「 -な障子紙」
普通のものよりも幅の広い布地。和服地では、並幅(36センチメートル)のものに対して72センチメートル 前後のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチメートル)のものをいう。
数量や規模などの変動の差が大きい・こと(さま)。 「 -に値上げする」 「 -な人事異動」

たいふく【大幅】

大きな掛け軸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大幅の関連キーワードリミックス[reジャイビートラディショナルメジャーバージョンアップ外国為替及び外国貿易法コンペンセーション方式セラミックエンジン旧JIS漢字コードレンタルサーバー非対称規制制度ボーフォール城シューマン乾板オイルマネーホスティングアクラネース為替平衡資金RELAXフィデリオ長足の進歩スイス方式別世界通信

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大幅の関連情報