大幅(読み)オオハバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐はば〔おほ‐〕【大幅】

[名・形動]
普通より幅の広いこと。また、そのさま。⇔小幅
「―な洋紙に墨黒々と書いて」〈藤村破戒
布地で、幅の広いもの。和服地では、小幅の2倍の約92センチ幅のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチ)のものをいう。→小幅(こはば)中幅(ちゅうはば)
数量・価格などの変動の開きが大きいこと。また、そのさま。「大幅な(の)値上げ」「列車が大幅に遅れる」

たい‐ふく【大幅】

大きな掛け物・掛け軸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはば【大幅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通より幅の広い・こと(さま)。 「 -な障子紙」
普通のものよりも幅の広い布地。和服地では、並幅(36センチメートル)のものに対して72センチメートル 前後のもの。洋服地ではダブル幅(約140センチメートル)のものをいう。
数量や規模などの変動の差が大きい・こと(さま)。 「 -に値上げする」 「 -な人事異動」

たいふく【大幅】

大きな掛け軸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐はば おほ‥【大幅】

〘名〙 (形動)
① ふつうより幅広いこと。また、そのようなさま。
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉二「無茶にくやしがって大幅(オホハバ)の肩をゆすりぬ」
② 布地で、並幅より広いもの。広幅
※浮世草子・好色一代女(1686)一「帯は唐織の大幅(ヲホハバ)にひぢりめんのふたの物」
③ 数量、価格などの差異や変動の幅が大きいこと。また、そのようなさま。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「八円、七円、六円と、大幅でばたばた飛んで落ちていくのだ」

たい‐ふく【大幅】

〘名〙 大きな掛け物、掛け軸。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉失意政治家「床には東湖の何とかの賦の大幅(タイフク)が掛けてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大幅の関連情報