コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角帯 かくおび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角帯
かくおび

幅 20cm,長さ 4m程度の帯地を2つ折りに仕立てた男帯の一種。博多織小倉織綴織 (つづれおり) など厚地布に芯を入れてつくる。折り目正しい着装になる点が,織布のままをしごいて締める兵児帯 (へこおび) とは対照的で,礼装用として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐おび【角帯】

の一。厚地に織り、幅9センチ、長さ4メートルくらいの単(ひとえ)や袋織りにしたもの。博多織が主で、礼装の袴(はかま)下に締めることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

角帯【かくおび】

男帯の一種。幅約20cmの帯地を二つ折りにして仕立てたもので,兵児(へこ)帯よりも格式がある。春秋を通じて博多織が一般に多く用いられるが紬(つむぎ),絽(ろ),緞子(どんす)などもある。
→関連項目袋帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくおび【角帯】

男性の和服用の帯の一種。絞の兵児(へこ)帯に比べ礼装から普段着にまで幅広く用いられる。幅約8~10cm,長さ4mほどで,芯を入れず堅めに織り上げられている。江戸時代には幅も長さも増減があったが,女帯のように大きな変化はない。紋織,綴(つづれ)織,博多織,紬(つむぎ)織などで,色は紺,茶,ねずみ色系統を主とする。素材は正絹のほか木綿,交織化学繊維もある。紋付礼装の袴下には正絹の紋織,綴織を合わせ,一文字結びとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくおび【角帯】

幅の狭いかたい男帯。普通、長さ約4メートル、幅約18センチメートルに織った帯地を二つ折りにして仕立てる。博多織・小倉織などが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角帯
かくおび

男帯の一種。兵児帯(へこおび)、三尺に対していう。男子の正式な帯。とくに男帯地として、堅く厚手に織られている。帯幅はできあがり8~11センチメートル、丈は3.8~4.2メートル。織り上がりの幅を二つに折り、芯(しん)を入れて仕立てたものと、芯を入れず袋織の両端を絎(く)けるものとがあり、近年は後者が多く用いられている。
 材質は絹、綿、化繊、交織などがあるが、絹織物が正式で、またしっかりと締まる。綿、化繊、交織などは普段用である。帯地はほとんど博多織(はかたおり)である。博多織は独鈷華皿(どっこはなざら)のつなぎ文様を縞(しま)風に織り出した献上博多が主で、無地、縞柄などが多い。ほかに綴織(つづれおり)、緞子(どんす)などの無地、紋織がある。色は紺、茶系統が多い。礼装の袴(はかま)下にはかならず博多織の角帯を用い、文庫に結ぶ。着流しの場合は貝の口に結ぶ。古くは、はさみ帯、駒下駄(こまげた)結びなどがあった。単(ひとえ)帯は夏季専用である。とくに幅を狭く4~5センチメートルに織り上げられたものは、丹前、浴衣(ゆかた)、寝巻などの上から締める帯として用いる。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の角帯の言及

【帯】より

…小児や少年には3尺の紺木綿を四つ折りとした三尺帯が用いられた。 明治維新以後は和服の需要が減少した結果,正装には従来の板帯,角帯が締められたが,一般には兵児(へこ)帯,三尺帯が普及し,現在に及んでいる。【北村 哲郎】
[野良着の帯]
 農山村,漁村の婦人たちが仕事着を着用したとき用いる帯は,初期のものは幅が狭く,江戸中期に書かれた農学書《奥民図彙》によれば〈帯たな〉と呼ばれていた。…

※「角帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角帯の関連キーワード西馬音内盆踊り締込む苗売り仕事着帯挟み小学生貝の口和装胴巻財布

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角帯の関連情報