コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広幡忠礼 ひろはた ただあや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広幡忠礼 ひろはた-ただあや

1824-1897 江戸後期-明治時代の公卿(くぎょう),華族。
文政7年6月28日生まれ。広幡基豊(もととよ)の長男。内大臣近衛忠煕(ただひろ)の猶子。文久2年国事御用掛となり,攘夷(じょうい)急進派として活躍し,翌年八月十八日の政変で参内停止の処分をうけた。慶応3年ゆるされ,内大臣。侯爵。貴族院議員。明治30年2月18日死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広幡忠礼の関連キーワード広幡忠朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android