コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋伊光 ひろはし これみつ

美術人名辞典の解説

広橋伊光

江戸後期の公卿。勝胤の男。准大臣従一位議奏職。尊号事件の後差控を命ぜられる。文政6年(1823)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋伊光 ひろはし-これみつ

1745-1823 江戸時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
延享2年6月16日生まれ。広橋兼胤(かねたね)の子。明和5年参議兼左大弁。権(ごんの)大納言をへて,従一位,准大臣にすすむ。尊号一件のおり議奏をつとめていたため,寛政5年20日間参朝をとめられた。文政6年4月4日死去。79歳。法号は勁松院。日記に「勁槐(けいかい)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広橋伊光の関連キーワード交野時雍

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android