コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋兼胤 ひろはし かねたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋兼胤 ひろはし-かねたね

1715-1781 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
正徳(しょうとく)5年11月18日生まれ。広橋兼頼の子。元文3年参議兼左大弁。寛延2年権(ごんの)大納言,のち従一位,准大臣にすすむ。議奏,武家伝奏(てんそう)をつとめ,宝暦事件明和事件などをしるした日記「八槐記」をのこす。晩年勝胤と改名。天明元年8月9日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

広橋兼胤の関連キーワード東坊城益良広橋伊光正徳公卿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android