コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋兼胤 ひろはし かねたね

1件 の用語解説(広橋兼胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋兼胤 ひろはし-かねたね

1715-1781 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
正徳(しょうとく)5年11月18日生まれ。広橋兼頼の子。元文3年参議兼左大弁。寛延2年権(ごんの)大納言,のち従一位,准大臣にすすむ。議奏,武家伝奏(てんそう)をつとめ,宝暦事件明和事件などをしるした日記「八槐記」をのこす。晩年勝胤と改名。天明元年8月9日死去。67歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広橋兼胤の関連キーワードルイルイ藩学一覧ディナールイ[14世]ロココ美術ブルボン朝義太夫節てんぷら鶴岡蘆水

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone