コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広橋兼顕 ひろはし かねあき

2件 の用語解説(広橋兼顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広橋兼顕 ひろはし-かねあき

1449-1479 室町時代の公卿(くぎょう)。
宝徳元年9月18日生まれ。広橋綱光(つなみつ)の子。文明9年参議兼右大弁となる。のち従三位,権(ごんの)中納言。敷奏(ふそう),武家伝奏(てんそう)をつとめた。文明11年5月14日死去。31歳。日記に「兼顕卿記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

広橋兼顕

没年:文明11.5.14(1479.6.4)
生年:宝徳1.9.18(1449.10.4)
室町後期の公卿。道号昭室,法名恵寂。父は従一位贈内大臣綱光。寛正4(1463)年15歳で元服してから治部大輔に任ぜられ,文正1(1466)年蔵人となり宮廷に出仕するようになった。翌応仁1(1467)年右少弁に任ぜられてからは朝廷の実務に携わり,以後文明3(1471)年右中弁,同7年左中弁,蔵人頭となった。同9年からは武家伝奏を務め,応仁・文明の乱(1467~77)後の公武の調停や復興に力を尽くした。同9年には右大弁,さらに参議に補せられ公卿に列した。南都伝奏にもなり奈良興福寺との折衝役も務めた。同11年従三位権中納言になったが,まもなく31歳で急死。日記『兼顕卿記』は当時の政治史料として貴重である。

(飯倉晴武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広橋兼顕の関連キーワード勧修寺尚顕冷泉為孝冷泉為富正親町公兼正親町三条実興正親町公叙小倉季種柳原量光烏丸冬光鷹司政平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone