コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広海二三郎 ひろうみ・にさぶろう

1件 の用語解説(広海二三郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

広海二三郎

没年:昭和4.1.29(1929)
生年:安政1.11.3(1854.12.22)
加賀国江沼郡瀬越村(石川県加賀市)の北前船主。祖先以来の大坂・北海道間の物産の運搬,販売をさらに発展させ,明治初年の和船8隻を新型船に切りかえ,22(1889)年帆船7隻汽船1隻総所得8960円,32年帆船4隻汽船3隻総所得2万8104円,36年汽船6隻になる。なお30年ごろ小樽に石造建築の支店を設け,また九州で硫黄,石炭の鉱山経営も行い,41年広海商事株式会社を創設した。また北前船主を集めて日本海上保険を創立したり,大阪商業会議所議員,37年貴族院の多額納税議員になる。<参考文献>越崎宗一『北前船考』

(植村元覚)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広海二三郎の関連キーワード加賀市大聖寺山中山中塗糸目椀加賀笠加賀米加賀蓑菅生石部神社本多清兵衛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone