広野三郎(読み)ひろの さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広野三郎 ひろの-さぶろう

1897-1968 大正-昭和時代の歌人。
明治30年4月10日生まれ。大正4年「アララギ」にはいり,島木赤彦,斎藤茂吉師事。東京帝大史料編纂所につとめるかたわら歌をよみ,昭和25年「白埴(しらはに)」を創刊,28年「草苑」と合同して「久木」を主宰した。昭和43年4月4日死去。70歳。東京出身。国学院大卒。歌集に「白埴」「あかつき」「泉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android