コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄司竹真 しょうじ ちくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄司竹真 しょうじ-ちくしん

1854-1936 明治-昭和時代前期の日本画家,漆芸家。
嘉永(かえい)7年3月28日生まれ。柴田是真(ぜしん)に絵画,蒔絵(まきえ),漆絵をまなぶ。明治10年内国勧業博覧会で蒔絵「月ニ船図」が褒状をうけたのをはじめ,内国絵画共進会などで受賞。昭和11年死去。83歳。江戸出身。名は余四郎。字(あざな)は有教

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

庄司竹真の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門安政オレンジ自由国

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android