庄川挽物木地(読み)しょうがわひきものきじ

事典 日本の地域ブランド・名産品「庄川挽物木地」の解説

庄川挽物木地[工芸用具・工芸材料]
しょうがわひきものきじ

北陸甲信越地方、富山県の地域ブランド。
主に砺波市南砺市・高岡市で製作されている。16世紀末、加賀藩の用材調達のため、庄川の流れを利用し木材を流して運んでいた。砺波市庄川町の貯木場には流木がたくわえられ、北陸における木材の一大集散地であった。1866(慶応2)年、その豊富な木材を利用して越後屋清次が庄川町でろくろ木地を営んだのが、庄川挽物木地の始まりと伝えられている。1978(昭和53)年7月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸材料に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「庄川挽物木地」の解説

庄川挽物木地

富山県砺波市、高岡市などで生産される、ろくろ挽きの、漆器用下地などの木工品。飛騨や五箇山で産する木材の一大集散地であった庄川に、慶応年間に移り住んだ越後屋清次という人物が、ろくろ挽物の木地屋を始めたことが起源と伝わる。国指定伝統的工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android